« 2006年11月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日)

John Norum / 「TOTAL CONTROL」

Total Control

買ったきっかけ:
10年ほど前、レンタル屋さんで中古品を購入。

感想:
【1987年作品】
86年にサード・アルバム「THE FINAL COUNTDOWN」を発表し、世界的な成功を収めていたヨーロッパから、突如として脱退したジョン・ノーラム。
このアルバムは、ソロとしての道を歩み始めた、記念すべき第一弾作品です。

ソロという立場を有効活用し、みずからが影響を受けた音楽的要素を大胆に導入。そのサウンドからは、ゲイリー・ムーアやシン・リジィといったアイリッシュ系アーティストからの影響が色濃くでており、歌い方まで似せるという徹底ぶり。

また、のちにインヴェイからお誘いを受けることになるヨラン・エドマンがゲストとして参加。3曲ほど歌を披露しているのですが、そのうちの(2)(5)がまさに北欧メタルというべきサウンドで、非常に素晴らしい出来なんです!

さて、温故知新的な意味合いをもつ本作品の評価ですが、アルバムという観点からみれば、やや統一感に欠けている気がします。
しかし、曲自体は決して悪くはなく、なによりヨラン・エドマンが歌う2曲と出会えただけでも、この作品を聴いたかいがありました。

【お気に入り】

(2)LOVE IS MEANT TO LAST FOREVER
北欧メタルの見本ともいうべきナンバー。
ジョン・ノーラムのギタープレイが更なる哀愁を誘います。名曲!!

(5)ETERNAL FLAME
ネオクラシカル風味をもったスピードナンバー

(10)IN CHASE OF THE WIND
ジョン・ノーラムのギタープレイが堪能できるインストルメンタルナンバー。

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買ったのはいいけれど・・・

久しぶりに近所で開催されたフリマに行ってきました。

甥が好きな恐竜のフィギアのセットを見つけ、値切って100円で購入♪
いい買い物をしたなぁとホクホク顔で帰宅し、さっそくケースから取り出してみました。

ん・・・( ̄‐ ̄∥)!

なんとケースを開けた途端、恐竜たちからシンナーめいた物凄いニオイがしてきたのです。
その時ふと頭に浮かびました。

ひょっとして、今話題の○国製?!( ̄□ ̄;)

今現在、外で空気干しをしています。
ニオイがとれるといいんだけど・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月29日 (土)

ある閉ざされた雪の山荘で / 東野圭吾

ある閉ざされた雪の山荘で

感想:
何気ない言葉のやりとりで、相手を傷つけてしまう場合があります。
本作は、そんな心を踏みにじみられた人物が、劇を利用して復讐を企てるお話です。
みなさん、くれぐれも言動には注意しましょう(≧ω≦)b

ちなみに、著者によれば、ありきたりな設定にあえて挑戦した作品だそうです。

おすすめポイント:
【あらすじ】

オーディションに合格した男女7人が集められたのは、乗鞍高原のとあるペンション。
3泊4日で実践形式の舞台稽古を行うためだ。
設定は演出家の指示によって、ある閉ざされた雪の山荘で起きた殺人劇。

ところが、次々と仲間が現実に消えていくにつれ、残されたメンバーは錯乱状態になっていく。
はたして、この劇は演出家による巧妙なトリックなのか、それとも・・・・

◆◆作家関連記事◆◆

ある閉ざされた雪の山荘で (講談社文庫) ある閉ざされた雪の山荘で (講談社文庫)

著者:東野 圭吾
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月28日 (金)

其の一

  1. ある閉ざされた雪の山荘で  / 東野圭吾
  2. 回廊亭殺人事件  /  東野圭吾
  3. ブルー・スノウ  /  川田拓矢
  4. こまち田沢湖殺人事件  /  中津文彦
  5. えちご恋人岬殺人事件 /  中津文彦
  6. だれかのいとしいひと / 角田光代
  7. エコノミカル・パレス /  角田光代
  8. 100回泣くこと  /  中村航
  9. ふたりのシンデレラ  / 鯨統一郎
  10. 赤い指  /  東野圭吾
  11.   /  麻耶雄嵩
  12. 殺人劇場  /  森村誠一
  13. 喜劇ひく悲奇劇  /  鯨統一郎
  14. 探偵倶楽部  / 東野圭吾
  15. 博士の愛した数式  /  小川洋子
  16. ウェルカム・ホーム!  /  鷺沢萠
  17. 見えないドアと鶴の空  / 白石一文
  18. 御殿山の殺人 / 吉村達也
  19. とり残されて  / 宮部みゆき
  20. 雨恋  / 松尾由美
  21. 肝盗村鬼譚 / 朝松健
  22. 明日の記憶  / 萩原浩
  23. 忘れな草  / 赤川次郎
  24. 花婚式  / 藤堂志津子
  25. ひとりぐらし / 藤堂志津子
  26. 葬られた遺書 / 井沢元彦
  27. 人質カノン  / 宮部みゆき
  28. 平成マシンガンズ / 三並夏
  29. 黒塚  / 夢枕獏
  30. 子盗り / 海月ルイ
  31. イエティの伝言 / 薄井ゆうじ
  32. 隠蔽捜査 / 今野敏
  33. ルート225 / 藤野千夜
  34. 芭蕉魔星陣 / 井沢元彦
  35. みなとみらいで捕まえて / 鯨統一郎
  36. 東京湾景 / 吉田修一
  37. 私の骨  / 高橋克彦
  38. 切羽へ  / 井上荒野
  39. 紗央里ちゃんの家  / 矢部崇
  40. ぎぶそん / 伊藤たかみ
  41. 横断歩道 / 黒井千次
  42. 転校生 / 森真沙子
  43. 墓地を見おろす家  / 小池真理子
  44. 哀愁時代  / 赤川次郎
  45. 遠野物語殺人紀行  / 中津文彦
  46. 殺人よ、こんにちは / 赤川次郎
  47. 殺人よ、さようなら / 赤川次郎
  48. 偶人館の殺人 / 高橋克彦
  49. マリッジ:インポッシブル / 藤谷治
  50. 東京下町殺人暮色  / 宮部みゆき
  51. 時は静かに戦慄く / 木宮条太郎
  52. アサシン / 新堂冬樹
  53. 赤ちゃんをさがせ / 青井夏海
  54. 誰か / 宮部みゆき
  55. 死に花 / 太田蘭三
  56. 押し出せ青春 / 須藤靖貴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「まっすぐに」 / 青木あざみ

まっすぐに。

買ったきっかけ:
某古本屋で激安だったので♪

感想:
TVで放送され、大反響を呼んだ大家族・青木家。
17歳でシングルマザーとなった青木家長女のあざみさんが、家族や自分自身についてつづった本です。

番組内では明らかにされなかった、みずからの生い立ちや失踪した母親との関係、そして愛娘や相手の男性に対する正直な気持ちを告白。

TVから伝わってくるイメージとは、また一味違った青木家を垣間見る事ができる一冊でした。

まっすぐに。 まっすぐに。

著者:青木 あざみ
販売元:竹書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

JUDUS PRIEST / 「KILLING MACHINE」

殺人機械

買ったきっかけ:
深夜ラジオ(オールナイトニッポン)

感想:
【1978年作品】
ジューダス・プリーストにとって5作目。

私がヘヴィメタルを聴くきっかけとなった曲(4)「HELL BENT FOR LEATHER」が収録されている思い出深きアルバムです。

この曲との出会いはラジオでした。
古田新太のオールナイトニッポンからこの曲が流れてきた途端、あまりもの劇的なサウンドに、全身鳥肌がたった事を今でも鮮明に覚えてます。
あの衝撃を受けていなかったら、きっと一生メタルとは縁の無い生活を送っていたでしょうね(笑)

【お気に入り】

(4)「HELL BENT FOR LEATHER」
いつ聴いてもゾクゾク鳥肌がたちます!

(5)「TAKE ON THE WORLD」
ポップなサビメロが印象的

(6)「BURNIN’UP」
ロブの歌いまわしがカッコいい

(10)「BEFORE THE DAWN」
切ないメロディが心に染み入ります

殺人機械 殺人機械

アーティスト:ジューダス・プリースト
販売元:Sony Music Direct
発売日:2004/06/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

MR.BIG / 「Hey Man」

HEY MAN

買ったきっかけ:
中古屋さんで100円で発見★

感想:
【1996年作品】
日本で絶大な支持を得ていたMR.BIGの4作目。

もはや、ハードロックという枠には収まりきれない幅の広いサウンドを聴かせてくれます。

(2)(7)(9)といったメロディアスで味わい深い曲などはその顕著な例と言えるのではないでしょうか。

ただ、全体的に大人しめな曲が多く、ハードさを期待していた人にとっては少々物足りなさを感じてしまうかもしれません。

【お気に入り】
(1)TRAPPED IN TOYLAND
(2)TAKE COVER  ←名曲です
(7)IF THAT'S WHAT IT TAKES
(9)DANCIN' RIGHT INTO THE FLAME
(12)LITTLE MISTAKE

おすすめポイント:
ベテランならではの味わい深さを味わうことができます♪

HEY MAN HEY MAN

アーティスト:MR.BIG
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2006/06/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

其の一

  1. MR.BIG  / 「Hey Man」 (1996年)
  2. JUDUS PRIEST/「KILLING MACHINE」(1978年)
  3. John Norum / 「TOTAL CONTROL」 (1987年)
  4. CRYPTOPSY 「WHISPER SUPREMACY」
             (1998年)
  5. W.A.S.P / 「Still Not Black Enough」 (1995年)
  6. Y&T / 「OPEN FIRE」 (1985年)
  7. Y&T  / 「CONTAGIOUS」 (1987年)
  8. DEF LEPPARD / 「HYSTERIA」 (1987年)
  9. UFO  / 「WALK ON WATER 」  (1995年)
  10. TRANSIT  /  「HEARTCORE」  (1992年)
  11. DIO  /  「STRANGE HIGHWAYS」 (1993年)
  12. Firehouse /  「good acoustics」 (1996年)
  13. ARTENSION  / 「INTO THE EYE OF THE STORM」 (1996年)
  14. LOVERBOY  /  「GET LUCKY」 (1981年)
  15. DOKKEN  / 「BACK FOR THE ATTACK」
            (1987年)
  16. BIOHAZARD / 「URBAN DISCIPLINE」 (1992年)
  17. HARDLINE / 「DOUBLE ECLIPSE」(1992年)
  18. BRUCE DICKINSON / 「ACCIDENT OF BIRTH」
                  (1997年)
  19. STRYPER / 「AGAINST THE LAW」 (1990年)
  20. FAIR WARNING / 「GO」 (1997年)
                       

|

Roxette / 「joyride」

Joyride

買ったきっかけ:
当時、洋楽を聞き始めたばかりで、HR・HM系のアルバムを探していたのに、なぜかこのアルバムを手にしていました( ̄∇ ̄;)

感想:
【1991年作品】
ロクセットにとって3作目。

私が生まれて初めて購入した洋楽アルバムです。
とにかく良い曲が目白押しで、購入してから15年以上経ちますが、未だに愛聴してる作品です!

例えば、胸をグッと締め付けられるような切ないメロディを、マリーが感情豊かに歌いあげる
(3)「Fading Like a Flower」
(5)「Spending My Time」
(9)「(Do You Get)Excited ?」
また、(13)「帰り来ぬ日々」から(15)「Perfect Day」の流れも見逃せません!

おすすめポイント:
哀愁のメロディが好きな方には、ぜひ聴いてもらいたい一枚です!

Joyride

アーティスト:Roxette

Joyride
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年10月 »