« トイレ | トップページ | えちご恋人岬殺人事件 / 中津文彦 »

2007年10月13日 (土)

こまち田沢湖殺人事件 / 中津文彦

こまち田沢湖殺人事件

感想:
男女の「情」によるもつれあいが、悲劇スパイラルを引き起こし、最悪の事態を招いてしまうというなんともやりきれない内容でした。
結局、藤田署長の気持ちがしっかりしていれば、そんな悲劇にまではならずにすんだでしょうに。
(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ

同じ東北出身の作家であること、そしてシックでありながらもどこか幻想的な本のカバーデザイン(新書)に惹かれ読んでみました。

おすすめポイント:
【あらすじ】
秋田中央署の藤田署長が突然失踪した。
その代役に任命された【さすらい署長】風間昭平は、さっそく極秘裏に藤田捜索を進めつつ、同時期に起きたタクシー強盗殺人事件の真相解明に乗り出す。

事件の手がかりは、車内に残されたイチョウの実と被害者の制服から外れたボタン。

ところが、被害者の交友関係を洗っていくうちに、意外にも藤田とも深く接点のある女性が浮上してくる。そしてさらに、どういうわけか藤田の妻・頼子の角館での度重なる不審な目撃情報までもが・・・

はたして、藤田署長失踪の裏にはどんな秘密が・・

◆◆作家関連記事◆◆

こまち田沢湖殺人事件―さすらい署長・風間昭平 (光文社文庫) こまち田沢湖殺人事件―さすらい署長・風間昭平 (光文社文庫)

著者:中津 文彦
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

|

« トイレ | トップページ | えちご恋人岬殺人事件 / 中津文彦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69699/8396908

この記事へのトラックバック一覧です: こまち田沢湖殺人事件 / 中津文彦:

« トイレ | トップページ | えちご恋人岬殺人事件 / 中津文彦 »