« Y&T / 「OPEN FIRE」 | トップページ | Heart / 「Alone」 »

2007年10月26日 (金)

Y&T / 「CONTAGIOUS」

Contagious

買ったきっかけ:
この作品も某レンタル屋で105円で発掘♪
だけど、ジャケットがボーロボロ(U_U。)

感想:
【1987年作品】
Y&Tにとって、通算9作目のアルバムです。

時代背景も関係してるのか、全体的にポップでゴージャスなサウンドでした。といっても、Y&Tならではの男臭く骨太な要素はしっかりとベースにあり、そこにポップさがいい具合に加わった感じです。
特に、サビのコーラス・ハーモニーなどは、思わず口ずさみたくなるようなキャッチーさで、どこか産業ロックを聴いてるような気分にさせられました。

また、Y&Tといえば、デイヴ・メニケッティのギターも魅力的な要素となっています。聴き手の心を揺さぶるプレイは、この作品においても圧倒的な存在感をしめしてくれていました。
時には激しく、またある時は限りなくエモーショナルに奏でる、魂のこもった熱いメロディ。まさにゲイリー・ムーアと肩を並べる泣きのギターリストといっても過言ではないと、私は思っています。

この作品が、Y&Tの歴史の中でどのような捉え方をされているのかはわかりませんが、私にとっては大変聴きごたえのある作品でした!満足★

【お気に入り】
(1)CONTAGIOUS
初期ボン・ジョヴィっぽい

(3)TEMPTATION 
哀愁たっぷりナンバー。デイヴのギターも泣いています!

(5)FIGHT FOR YOUR LIFE 
イントロのギターは鳥肌モノ!サビも非常にキャッチー

(6)ARMED AND DANGEROUS 
ポップでありながら哀愁さも兼ね備えたナンバー

(9)EYES OF A STRANGER 
ヘヴィなサウンドながら、サビは非常にキャッチー

(10)I'LL CRY FOR YOU 
デイヴの泣きのギターが堪能できるインスト。アダルティな雰囲気がムンムンムラムラ漂ってます

Contagious

アーティスト:Y&T

Contagious

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

|

« Y&T / 「OPEN FIRE」 | トップページ | Heart / 「Alone」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69699/8627507

この記事へのトラックバック一覧です: Y&T / 「CONTAGIOUS」:

« Y&T / 「OPEN FIRE」 | トップページ | Heart / 「Alone」 »