« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月30日 (金)

来月からいくらになるの?!

来月からまたガソリンが値上がりするということで、さきほど給油しに行ったらビックリ!

ガソリンスタンド内は、今まで見たことが無い程の長蛇の列で、自分の番がくるまで20分ほどかかりました。139円という、周辺のスタンドに比べて10円ほど安いということもあるのかも・・・・

それにしても、高すぎるなぁ( p_q)エ-ン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月27日 (火)

七転八転 / ホーキング青山

「先天性多発性関節拘縮症」という、国の基準でも最も重度の身体障害者である著者。そんな彼が、いかにしてお笑いに目覚め、芸人の道を志すまでにいたったかを、これまでの人生を振り返りながら書き綴った自伝的作品です。

中3の時、初めての単独行動が、近所のポルノ映画館。初めて障害者年金を手にした時、秀逸なAVやプロレスをダビングするため購入したビデオデッキ2台。こうした過去の笑い話のほか、みずからの自慰方法やなかばタブー視されがちな障害者の「性」についても赤裸々に告白。また一方では、世間そして障害者という2つの視点から、両者の間に生ずるズレなどを冷静に分析などをしています。

本だからといって変に自分を美化することなく、ありのままの姿を平然とさらけだす著者の潔さ。ぜひ見習いたいものです。

【印象に残った言葉】

つまり、私の病気が先天性のものだということが、不自由でない理由に大きくかかわっている。「生まれつき」だからこそ、ある意味では不自由でないともいえる(p23)

みんな一様に障害者を自分たちより劣っているとみなし、だからかわいそうだと考えている。そしてそれにもとづいて、変に甘やかしてみたり、またそれが面倒臭いわずらわしいとなると、途端に邪険に扱ったりする。(p30)

自分の中だけでどんどんイメージをふくらませ、その肥大化したイメージに自分が押し潰されてしまうくらいなら、現実を見てしまったほうがよっぽどマシなのではないかと、私は思う。見えない影に怯えていたって始まらない。(p98)

七転八転  /  ホーキング青山 
幻冬舎アウトロー文庫(1999年)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

寒さが一段落

ポカポカ陽気につられて、本日もフリマに行ってきました♪

出店の数は思ったより多かったけど、CD関係を売ってるお店は残念ながら1つしかありませんでした
(´д`)がーん

結局、今日の収穫はCD1枚(100円)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

TRANSIT / 「HEARTCORE」

Transit2_3

(1992年作品)
TRANSITにとって2枚目となる本作。

スイス出身でありながら、アメリカン・ロックに強い影響を受けたかのようなカラッとしたサウンドを聴かせてくれます。

たてノリあるいはグルーヴ感要素を多分に含んだこの手のサウンドは、基本的に苦手なんですが、この作品は意外と楽しむことができました。

その大きな要因として、ポップで爽やかなサビのボーカル・ハーモニーがあげられます。思わず口ずさみたくなるようなサビのメロディラインは、どこか産業ロックを想起させ、懐かしさと同時に心地よさを味あわせてくれました。

全く期待してなかったものが、予想をはるかに裏切ってくれた時ほど嬉しいことはないですよね。日本での知名度がほとんどないうえに、見るからにイモ臭いアルバムジャケットのTRANSITは、まさにそんな作品でした。

個人的に「掘り出し物優秀賞」に認定したいと思います
(*≧m≦*)ププッ

【お気に入り】

(3)NEW GENERATION
サビのボーカルハーモニーが印象的なハードポップナンバー。

(8)NO SURRENDER
アルバムのハイライト的ナンバー。流れるようなメロディラインが絶品で、スポーツ番組のBGMなんかに最高かも。

(9)JACK OF HEARTS
威勢のいいサビのハーモニーが印象的です

(10)JESSICA
こちらは甘いサビのハーモニーが印象的。

ちなみに、このアルバムは中古CD屋さんで200円で購入しました♪

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

寒い・・・

数日前に初雪が降ってから、寒さがグンと増してきました。

寒くなると、トイレが近くなって大変!特に車の運転中、渋滞に巻き込まれた時なんかは・・・(||゚Д゚)ヒィィィ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

甥と姪と自転車

1年生になる甥と2歳の姪が、久々に遊びにきました。

こう書くとなんだか結構遠くに住んでるような感じだけど、実は歩いて2分程の所に住んでいます
(*≧m≦)ノ★バンバン

今日はこの冬一番の寒さだったようですが、2人とも久々の自転車にはしゃぎまくっていました。
ちなみに2台の自転車・・・・

実は甥の自転車は、廃品回収に出されてたものを修理。そして、姪の三輪車は、先日のフリマで200円で購入したものです。
見た目はぼろっちいけど、ないよりはマシだろと強引に言い聞かせています★(*´艸`)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月15日 (木)

ふたりのシンデレラ / 鯨統一郎

ふたりのシンデレラ

感想:
劇団の合宿中に起きた、閉ざされた島での不可解な事件。その全容を、“わたし”が物語という形式で綴ったという作風になっています。

結果的に劇での主役と同様、一人八役をこなすことになった“わたし”が、事件にどう絡んでいるのかがこの物語の最大のナゾというわけです。
一応前提めいたものがあるとはいえ、意表をついた事件のカラクリには、正直少し強引さを感じてしまいました。

それにしても、事件の発端にもなった生まれつき心に障害を抱える方というのは、私達が想像する以上の苦しさや葛藤といったものを味わってきているのでしょうね。

おすすめポイント:
【あらすじ】

「ふたりのシンデレラ」公演に向けての合宿を行うため、スポンサーである国友所有の無人島へやってきた劇団<O-RO-CHI>のメンバーたち。

ところが、初日早々一人八役をこなす主役の座をめぐり、小競り合いを起こす看板女優の天野川夕華と夏村芽衣。誰もが主役は夕華だと確信するなか、演出家・坂山が選んだのは芽衣であった。予想外の結果に、当然のごとく困惑するメンバー一同。

そんなモヤモヤ状態のまま迎えたその夜、医者でもある国友の病棟から突然火災が発生。現場からは、なんと芽衣とおぼしき焼死体と酷い火傷を負った夕華が見つかる。そして、夕華の夫であり看板俳優の天野川敬介は、この時を境に姿を消してしまったのだ。

事件の影響で記憶喪失となった夕華は、自分自身そして事件の記憶を取り戻すべく、独自に調査を開始する。その結果、夕華は到底信じることができないような途方もない仮説へとたどりついてしまう。はたして、不可解な事件の背景にはどんな秘密が・・・

◆◆作家関連記事◆◆

ふたりのシンデレラ (ミステリー・リーグ) ふたりのシンデレラ (ミステリー・リーグ)

著者:鯨 統一郎
販売元:原書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

UFO / 「WALK ON WATER 」

Walk on Water

感想:
【1995年作品】
78年当時の黄金期メンバーが再び集結し製作された、UFO復活第一弾作品。

ベテランならではの味のあるプレイが随所に散りばめられた、良質のブリティッシュ・ハードロックサウンドが楽しめます。

例えば、控えめながらも絶妙なタイミングで楽曲にアクセントを加え、存在感をアピールするポール・レイモンドのキーボード。そして、全盛期には到底及ばないまでも、時折ハッとするような哀愁プレイを聴かせてくれるマイケル・シェンカーのギタープレイなど。

ただ、サビやギターソロはカッコいいのに、そこに辿りつくまでのメロディがちょっと・・・といったような曲が多かったように感じました。
まぁ、そこら辺のバンドの作品に比べれば、はるかに質の高い作品なのですが・・・・

おすすめポイント:
【お気に入り】
(1)「A SELF MADE MAN」
マイケルならではのコブシのきいた緊張感溢れるギターソロに、思わずニンマリ( ̄▽ ̄ )

(5)「DARKER DAYS」
サビでのボーカルメロディとマイケルのギターがなんともカッコいい!

(6)「RUNNING ON EMPTY」
曲自体はタテのり系でたいした事無いのに、マイケルのソロになると急にセンチメンタル系に(*≧m≦)

(8)「DREAMING OF SUMMER」
聴き所は、郷愁を誘うギターソロ。

Walk on Water Walk on Water

アーティスト:UFO
販売元:Belle
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

100回泣くこと / 中村航

100回泣くこと 100回泣くこと

著者:中村 航
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【あらすじ】

付き合いだして3年。

実家にいる飼い犬・ブックの容態が悪化したことに端を発して、僕が起こした行動はプロポーズ。
7月7日。僕らは結婚したつもりになって、1年ほど暮らしてみることにした。

そんな結婚の練習中、病魔に襲われた彼女。診断の結果、悪性の卵巣ガンであることが判明。彼女のためにできること。僕にできること。何ができるか考えること。呪文を唱えるように、僕はくりかえした。

【感想】

セカチューなどのブームに便乗しました的な作品です。

挿話で哲学的っぽいことを語ってみたりと、工夫を凝らしてるようですが、内容自体が使い古された設定なので、全く面白みを感じませんでした( ̄- ̄)

正直、時間を無駄に使ってしまった気分です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月10日 (土)

白熱した試合

全国高校サッカー県予選決勝をTVで観戦。

点をとられてはとりかえすという一進一退の攻防で、観客としては非常に楽しめる試合でした。

それにしても、最近は公立高校勢が強い!自分達の時代では考えられなかったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

KAMELOT / 「CENTER OF THE UNIVERSE」

「CENTER OF THE UNIVERSE」

先日リサイクルショップを覗いたら、この曲が収録されているアルバムを発見!しかし、人気が高いせいか値段が1400円でした。

うぅ、欲しい・・・
更なる値下げを期待して動画で我慢、我慢(U_U。)

*You Tubeの動画なので、リンク切れになってしまう場合もございます

Epica Epica

アーティスト:Kamelot
販売元:Noise
発売日:2003/02/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月 8日 (木)

エコノミカル・パレス / 角田光代

エコノミカル・パレス エコノミカル・パレス

著者:角田 光代
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【あらすじ】

雑文書きとアルバイトで生計をたてる私、34歳。同棲中のヤスオは1つ年上で、現在失業中。
切羽詰まった生活の日々に、次第に精神的疲労が蓄積し、投げやりな気分になっていくわたし。

そんなある日、一瞬でもときめいてしまったテキ電男と風貌がそっくりな若者が、バイト先に面接を受けに現われる。

私は何を思ったのか、彼の履歴書に掲載された携帯番号を自分の携帯に登録していた・・・

【感想】

八方塞がりの境遇から少しでも脱却しようと、消費者金融・メルトモ・お水の仕事といったものに次々と安易に手を染め、しまいには妄想にまで走る「私」を描いた作品です。

帯には「生き迷う世代を描いて<今>のリアルを映す」「角田光代の最高傑作」などと記されていましたが、正直私にとってはいまいち面白みに欠ける内容でした。

◆◆作家関連記事◆◆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

約600円の出費

近所で行われたイベントを見学してきました。
といっても、お目当ては会場の側で行われるフリーマーケットのほうなんですけど・・・・・(≧▽≦)

今回の戦利品は、CD13枚。結構いい買い物ができたかな。
キズありという理由だけで、大量のCDを50円で販売するお店を発見!激安価格に興奮してしまい、つい財布の紐がゆるんでしまいました(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

NIGHTWISH / 「Amaranth」

「Amaranth」

お金が無く新譜を買うことができないので、動画を観て我慢しています。
( p_q)エ-ン

それにしても、動画やラジオで数曲聴いたかぎりですが、本作もかなり良さそう♪この曲なんて、思わず口ずさんでしまうようなポップさで、暇さえあれば聴いています。新ボーカリストはクセが無いクリアボイスで、非常に耳心地が良く、個人的には大好きな声でした☆

あーぁ、早く中古で安く出回らないかなぁ・・・(*´з`)

*You Tubeの動画なので、リンク切れになってしまう場合もございます

ダーク・パッション・プレイ~リミテッド・エディション Music ダーク・パッション・プレイ~リミテッド・エディション

アーティスト:ナイトウィッシュ
販売元:ユニバーサル インターナショナル
発売日:2007/09/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »