« 来月からいくらになるの?! | トップページ | しつけ »

2007年12月 1日 (土)

DIO / 「STRANGE HIGHWAYS」

Strange Highways

感想:
【1993年作品】
ブラック・サバスから再び脱退したロニーが、みずからのバンドを再始動。DIOとしては、通算6枚目となるスタジオ・アルバムです。

はっきりいって、過去の作品とは趣が全く異なり、むしろ再結成サバスで唯一製作した「DEHUMANIZER」の続編的なサウンドといえますね。

レビューを書くにあたって、もう一度聴き直してみたのですが、時の流れがそうさせたのか、決して悪い内容というわけではありませんでした。
ヴィニーの迫力あるドラム。そして、DIOには合わないと酷評されっぱなしだったトレイシーGのギターも、よくよく聴けばそれなりに頑張っていると思います。

ただ、ヘヴィなサウンドに重点をおきすぎたせいなのか、魅力的なメロディが希薄で、記憶に残るような曲があまりなかったという点だけは、聴き直してみても変わりませんでした(笑)

それにしても、年老いてもなお新境地を切り開いていこうとするロニーの心意気には、ほとほと頭が下がります。
しかし、サウンドだけでなく歌唱スタイルまで変えるというのは、自分で自分の魅力を殺してしまっているようにしか思えてなりません。
やはりロニーにはヘヴィな曲で咆哮するよりも、ドラマチックでメロディアスな曲を伸びやかに歌って欲しかったというのが、正直な感想です。

おすすめポイント:
【お気に入り】

(4)HOLLYWOOD BLACK
かつてのDIOをほのかに感じさせるミドルナンバー

(6)PAIN
ロニーの力強い咆哮が堪能できるヘヴィなナンバー

(8)GIVE HER THE GUN
静から激動への展開がカッコいいナンバー。
ロニーのボーカルも実に表現豊かです

Strange Highways Strange Highways

アーティスト:Dio
販売元:Reprise
発売日:1994/02/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

|

« 来月からいくらになるの?! | トップページ | しつけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69699/9205750

この記事へのトラックバック一覧です: DIO / 「STRANGE HIGHWAYS」:

« 来月からいくらになるの?! | トップページ | しつけ »