« 探偵倶楽部 / 東野圭吾 | トップページ | 新年早々 »

2008年1月14日 (月)

ARTENSION / 「INTO THE EYE OF THE STORM」

アイ・オブ・ザ・ストーム

感想:
【1996年作品】
ウクライナ出身の凄腕キーボード奏者ヴィタリ・クープリとスイス出身のギターリストが中心となって結成されたアーテンションの記念すべきデビューアルバム。

クラシカルなキーボードやギターにプログレ要素が加わり、ドラマティックかつテクニカルなサウンドが持ち味となっています。

ヴィタリ・クープリの華麗なキーボードさばきに驚いたのは当然ですが、それと同じくらい衝撃を受けたのが、ジョン・ウェストのボーカルです!変幻自在に展開する緩急あるメロディに、堂々と渡り合う歌いっぷリには、ただただ圧倒されるばかり。

アルバムジャケットはB級っぽいダサさですが、中身はデビューアルバムとは思えないほど威厳に満ちた素晴らしい作品でした。

おすすめポイント:
【お気に入り】

(2)「INTO THE EYE OF THE STORM」
アルバムタイトルの名にふさわしい、緊張感溢れるドラマティックHM。

(6)「THE KEY」
情感たっぷりに歌うジョン・ウェストにうっとり。

(7)「SONG OF THE DESERT」
華麗なキーボードに圧倒されてしまうスピードナンバー

Into the Eye of the Storm Into the Eye of the Storm

アーティスト:Artension
販売元:Shrapnel
発売日:1996/10/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

|

« 探偵倶楽部 / 東野圭吾 | トップページ | 新年早々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69699/9887419

この記事へのトラックバック一覧です: ARTENSION / 「INTO THE EYE OF THE STORM」:

« 探偵倶楽部 / 東野圭吾 | トップページ | 新年早々 »