« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月28日 (木)

毎週、毎週・・・・

ついこないだパンク修理をしてもらったばかりのタイヤがまたパンクしていました!

いつもの車屋さんにもっていくと、今度はタイヤのバルブが劣化して、そこから空気が抜けてしまったとのこと。

あっという間に1600円が飛んでいっちゃいました・・・・

てか、タイヤがパンクした時に気づかなかったのかなぁ・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

元通り

つい、安さにつられて本を大量に購入してしまいました。

先週末にいきつけの某古本屋に行ったら、なんと105円の品が全品半額セールを実施していたのです!

せっかく先月10冊ほど処分したばかりなのに・・・・。おかげで、クローゼットにできた空きスペースが、あっというまに元通りになってしまいました。
(´д`)がーん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

甥や姪たちとお昼を食べていると、とつぜん季節外れの雷が鳴り出しました。

なぜだかわからないけど、昔から雷だけは凄い苦手なんです。それも、身がすくむほど・・・。

前世でなにかあったのかな?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

DOKKEN / 「DREAM WARRIORS」

「DREAM WARRIORS」

先日紹介したDOKKENのアルバムに収録されている、「エルム街の悪夢3」の主題歌となった曲です。

殺人鬼フレディと共演しちゃってます♪

*You Tubeの動画なので、リンク切れになってしまう場合もございます

Movie/エルム街の悪夢3惨劇の館スペシャルエディション Movie/エルム街の悪夢3惨劇の館スペシャルエディション
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

見えないドアと鶴の空 / 白石一文

見えないドアと鶴の空

感想:
人と人との繋がりでなんであれ、この世は目に見えない部分で深く結びつき、存在の本性が根ざしているというテーマのもとに書かれた作品です。

主人公の昂一が、身のまわりに巻き起こる不可思議な出来事を通じて、自分自身そして人間関係について改めて見つめ直していく。読解力に乏しい私にとっては、少々理屈っぽい内容でした(^^; 

『世に言う不運な人、幸運な人というのも、運を自らが招来しているだけなのではないだろうか。人を愛する人は人に愛され、人を尊重する人は人に尊重される。人を疑う人は人に疑われ、人を憎む人は人に憎まれる。』(P321ページ)

おすすめポイント:
【あらすじ】
結婚生活も5年を過ぎ、お互いの関心が薄れてきている昂一と絹子。昂一は会社を辞めて2年。現在は絹子のヒモのような身分で生活している。

ある日、絹子の友人である由香里の出産に昂一が立ち会った事をきっかけに、2人の仲は親密な関係へと発展。それに気づいた絹子は、なぜか昂一を霊能者のもとへと連れていく。

そこで聞かされた絹子と由香里の関係、そして由香里がみずから打ち明けた話は、昂一の想像をはるかに超えるものであった。
そんな不可解な出来事を境に、昂一自身の身にも次々と不思議な現象が起き始める。

絹子と由香里の間には窺いしる事ができない隠された何かがある・・・・

そう直感した昂一は、この目で事実を確認するべく、2人の生まれ故郷へと足を運ぶ事を決意。今後のみずからの進む道を見定めるためにも・・・

はたして、由香里の一家無理心中、絹子の父の交通事故死、そして昂一にふりかかる奇怪な出来事に関連する決定的な事実とは・・・

見えないドアと鶴の空 見えないドアと鶴の空

著者:白石 一文
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

あいたたたたたっ

マイカーが修理から戻ってきました。

2万円近い臨時出費・・・・・悲しすぎる(U_U。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

バフッ!!

車を運転中、後部から突然「バフッ」っていう爆発音みたいなのが聞こえてきました。

あまりもの大きな音に、まさか、またパンク?!と思っていたのも束の間、今度はエンジン音が急変したのです。

ガ━━━(;゜Д゜)━━━ン

この音を聞いて記憶が甦りました。

以前、当て逃げにあったとき、その影響でマフラーがおかしくなった時のことを・・・・

ついこないだタイヤのパンクがあったばかりなのに。
はぁ・・・今回は直すのにお金かかりそう(ノ_・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

マナー

家の門の前に、犬の糞が置き去りにされていました。

飼い主のマナー悪すぎ!!!

人の家、それも家のまん前に残していける飼い主の神経って・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

其の一

これまで掲載してきたYou Tube関連の記事をまとめてみました。

*You Tubeの動画なので、突然リンク切れになってしまう場合もございます。

  1. JOHN NORUM / 「Love is Meant to last Forever」
  2. Yngwie Malmsteen / 「Save Our Love」
  3. Roxette / 「Spending My Time」
  4. DIO / Egypt(The Chains Are on)
  5. SAVATAGE  / 「Gutter Ballet」
  6. Heart  / 「Alone」
  7. NIGHTWISH  / 「Amaranth」
  8. KAMELOT  / 「CENTER OF THE UNIVERSE」
  9. NIGHTWISH  / 「Planet Hell」
  10. KANSAS  / 「HOLD ON」
  11. Accept  / 「Metal Heart」
  12. DOKKEN  / 「DREAM WARRIORS」
  13. Rainbow  / 「Street Of Dreams」
  14. Hammerfall / 「The Fire Burns Forever」
  15. DREAM EVIL / 「Children Of The Night」
  16. Crimson Glory  / 「Lonely」
  17. Styx  / 「Blue Collor Man」
  18. PETER CETERA / 「GLORY OF LOVE」
  19. Ritchie blackmore's Rainbow / 「Ariel」
  20. OZZY OSBOURNE / 「SHOT IN THE DARK」
  21. RAINBOW  / 「I Surrender」
  22. CHICAGO / 「LOOK AWAY」
  23. U.D.O / 「IN THE DARKNESS」
  24. KANSAS / 「Play The Game Tnight」
  25. SCORPIONS / 「SEND ME AN ANGEL」
  26. PRAYING MANTIS / 「ONLY THE CHILDREN CRY」
  27. Europe / 「Carrie」
  28. FOREIGNER / 「THAT WAS YESTERDAY」
  29. FIREWIND / 「Mercenary Man」
  30. LOUDNESS / 「IN THE MIRROR」
  31. RIOT  / 「BLOODSTREETS」
  32. Vow Wow / 「DON'T LEAVE ME NOW」
  33. JUDAS PRIEST / 「PAINKILLER」
  34. NIGHTWISH / 「Wish I Had An Angel」
  35. GARY MOORE / 「THE LONER」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

DOKKEN / 「BACK FOR THE ATTACK」

【1987年作品】
DOKKENにとって4作目となる本作。
ドン・ドッケン名義の作品は、ジョン・ノーラムが参加していたこともあって手許にありましたが、DOKKENとしての作品を聴くのはこれが初めてでした。

もちろん、この作品が雑誌などで高く評価されていたことは、以前から知っていましたし興味もあったんです。けど、なぜか早く手に入れて聴こうという気までにはいたらなかったんですよね。たぶん、アメリカンHMに対して、哀愁さよりも能天気で勢いまかせというイメージが自分の中で未だに強く残っており、無意識のうちに後回しにしていたのかもしれません。

しかし、今回某古本屋さんでなんと200円で発見!それぐらいだったら聴いてみても損はないかなという気になったわけです(笑)

さて、聴いてみた感想ですが、さすが名盤といわれているだけあって、非常に質の高い曲が揃った作品でした。

鋭さを持ち味に、時には哀愁漂うメロディを奏でるジョージ・リンチのヘヴィなギター。そして、マイルドな声質のドン・ドッケンが歌うポップな歌メロという、水と油のような個性のせめぎ合いが、サウンドを通じてビシビシ伝わってきましたよ!

後半になるにつれて、やや退屈な曲が多くなっていったような感じを受けましたが、全体的にみれば記憶に残る曲が沢山詰まった良い作品だったと思います。

【お気に入り】

(1)KISS OF DEATH
(6)MR.SCARY(インストルメンタル)
ジョージ・リンチの攻撃的ギターが堪能できるナンバー。どちらもHM史上に残る名曲といっても過言ではないんじゃないでしょうか。

(5)HEAVEN SENT
(7)SO MANY TEARS
(13)DREAM WARRIORS
ドン・ドッケンの哀愁漂う歌メロが魅力的なナンバー。ちなみに、(13)は映画「エルム街の悪夢3」の主題歌だったそうです。・・・観たことないけど(笑)

Back for the Attack Back for the Attack

アーティスト:Dokken
販売元:Rhino Flashback
発売日:1987/11/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

Accept / 「Metal Heart」

「Metal Heart」

威厳に満ちた鋼鉄サウンド。そしてウド・ダークシュナイダーの闇夜を切り裂くかのような咆哮に、ドスのきいた男性コーラス。まさに闘争心をかりたてるにはもってこいの曲ですね。

「エリーゼのために」をモチーフにしたウルフ・ホフマンのギターソロも、男の哀愁を表現してるようで胸にグッときます!
(ノ_・。)

*You Tubeの動画なので、リンク切れになってしまう場合もございます

Metal Heart Metal Heart

アーティスト:Accept
販売元:BMG International
発売日:2004/02/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

ウェルカム・ホーム! / 鷺沢萠

ウェルカム・ホーム! (新潮文庫)

感想:
一般的にみれば「フツーでない」カタチですが、大事な部分ではしっかりと固く繋がっている2つの家族の姿を描いた作品です。

「フツー」か「フツーでない」かの捉え方は千差万別であること。そして、どんな家族のカタチであっても本人たちが幸せであれば、他人にどうこう言われようが関係ないということを、物語を通して伝わってきました。

【渡辺毅】は微笑ましく、そして【児島律子】の方は切なく愛しいお話でしたね。

おすすめポイント:
[あらすじ]

【渡辺毅のウェルカム・ホーム】

テキトーに生きていたために、住居や経済力を失ったが、そのかわりに時間的余裕があり、前職の経験から料理もある程度こなせる毅。

それに対し、決してテキトーに生きてきたわけではないのに、色々なものを失った英弘。その結果、シングルファザーとなり、家事能力や時間的余裕がないうえに子供まで抱えている状態だが、住居と経済力は備わっている。

そんな大学時代からの親友同士が考え出した合理的な答えは、一緒に住むこと!

一緒に暮らし始めて数年経ったある日、6年生になった憲弘の作文をたまたま目にした毅は、自分の置かれている立場にある劣等感を抱き始める。

オトコの沽券に悩まされる毅と、それをとりまくゆかいな?仲間達の心温まる物語。

【児島律子のウェルカム・ホーム】

自分の過去には「形のある何か」がない・・・。

仕事が順調なかわりに、散々だったこれまでの私生活をふりかえりながら、しみじみと感じる律子。そんなある日、突然律子のオフィスに見知らぬ若い男が現われる。聖奈との結婚報告とともに・・・

ウェルカム・ホーム! (新潮文庫) ウェルカム・ホーム! (新潮文庫)

著者:鷺沢 萠
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月 4日 (月)

後悔・後悔・後悔

近所の家電量販店が近々リニューアルするそうで、売り尽くしセールのチラシが先週の金曜日に入ってました。

チラシが入る数日前に、たまたまお店を訪れていたのですが、その時すでに新譜が50%割引になっていたので、その広告でもだしたのかなと思ってたのです。

で、今日になって、ふと売り出しのことを思い出し、帰りに立ち寄ってみました。

ガ━━━(;゜Д゜)━━━ン

と・・・とんだ失態を犯してしまったようです。なんと、50%が90%へと変わり、品物がすでにありませんでした。

2500円の品であれば、90%引きの250円で買えたのに・・・・。

ショック( p_q)エ-ン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

天気が良かったので、1年生になる甥と一緒になわとびをしました。

2段とびが1回しかできない甥にカッコいい所をみせてやろうと思ったら、なぜか身体が思うように動かず全く飛べず。しかも飛べば飛ぶほど、足や腹筋が痛くなるばかり。
( ̄∇ ̄;)

小学卒業から約20年。月日の経過をまざまざと感じさせられた一日でした。

ちなみに、最終的にはなんとか9回飛べるようになりました。
(゚c_,゚`。)プッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »