« RICHARD MARX / 「RUSH STREET」 | トップページ | 旬の食べ物 »

2008年4月19日 (土)

ひとりぐらし / 藤堂志津子

ひとりぐらし (文春文庫)

感想:
女性の心理?を勉強すべく読んでみました
(* ̄m ̄)プッ。

女性の「ひとりぐらし」をテーマに4つの作品が収録されていました。ひとりぼっちをみずから選択する女性たちの心模様が繊細に描かれていますが、私にとっては【家路】が一番面白かったかな。

◆◆作家関連記事◆◆

ひとりぐらし (文春文庫)

著者:藤堂 志津子

ひとりぐらし (文春文庫)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

|

« RICHARD MARX / 「RUSH STREET」 | トップページ | 旬の食べ物 »

コメント

<女性の心理
なかなか難しいでしょう?

”家路”は読んでてハラハラしちゃいました。

投稿: nako | 2008年5月20日 (火) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69699/20394802

この記事へのトラックバック一覧です: ひとりぐらし / 藤堂志津子:

« RICHARD MARX / 「RUSH STREET」 | トップページ | 旬の食べ物 »