« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月30日 (金)

CHICAGO / 「LOOK AWAY」

「LOOK AWAY 」

大学時代、3つ年上の同級生から薦められた事がきっかけで好きになったシカゴ。

しかし、それから1年後、些細なことで喧嘩別れしてしまいました。

シカゴの曲(特にバラード系)を聴くと、未だに楽しかった日々が思い出され、ちょっぴり切ない気持ちになります。

*You Tubeの動画なので、突然リンク切れになってしまう場合もございます。

シカゴ19 シカゴ19

アーティスト:シカゴ
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2006/04/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

あなたは何を信じて生きるのか / 西尾幹ニ

Isbn456956898x 1990年代初頭の混迷を極める世界情勢の中で、日本という国はどうあるべきかを提示した評論集です。 

通常ですと、こういった小難しい内容の本は大の苦手なんですが、この本はなぜか最後までスラスラと読むことができました。というのも、あとがきによれば、この本は講演をもとに編集されたもので、意図的に読みやすいよう工夫が施されているとか。

どうりで、歴史や国際情勢に疎い私でも読めたわけだ。(^▽^;)

それにしても、この本は90年代初頭に発刊されたものなんですが、『日本が顔のない国ではなくて、世界に向かって声を持っている国だということを説明しなければならない』『(政治家に対して)内と外に対して、的確な言葉のメッセージを発する能力を失っている』など、日本に対する論調というのは、今も昔もほとんど変わっていないんですねぇ。
(*≧m≦)ノ★バンバン

あなたは何を信じて生きるのか / 西尾幹ニ
PHP文庫(1996年)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年5月24日 (土)

山菜まみれ

両親がまた山に行ってきて、わらびを5キロも採ってきた。

いくらクセが無いからといったって、いい加減、食い飽きたっちゅーの!!

たまにはお肉を・・・・・(´д`)がーん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

掘り出し物?!

先日、近所の大手スーパーへ行ったら、中古PCセールが実施されていました。

その中でもひときわ目についたのが、14800円のディスクトップ本体。

その商品について商談中の客と店員のやりとりを又聞したところ、そのPCは4年程前の商品で、ディスプレイが盗まれたとかでずっとお蔵入りになっていたものだそう。

つまり新品がこの値段というわけです!

8年目に突入したマイPCは、最近めっきり調子が悪く、ディスプレイも端がプルプル歪み震えている状態。壊れる前にダメもとで買おうかと商品を前にして長い間悩み苦しみましたが、結局買わずに帰宅。

2日後の今日、再度行ったら案の定ありませんでした。

チョッとだけ後悔・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

平成マシンガンズ / 三並夏

平成マシンガンズ

感想:
様々な困難に直面し、人間の裏表を垣間見ることを通して、みずからの生きるすべを模索していく少女の姿を描いた作品です。

100ページほどなので、あっという間に読み終えちゃいました。本作は【第42回文藝賞受賞作品】で、著者はなんと当時15歳(2005年)だそう。

この頃の自分を思い返すと、読書なんか全くせず、給食や部活の事だけで頭が一杯だったような
(*≧m≦)ノ

おすすめポイント:
【あらすじ】
あたしの夢には死神が降臨する。あたしは、死神から渡されたマシンガンを使い、父や母、そして父の愛人や友達を撃つ。死神が頭をなでて褒めてくれるのを期待して・・・。

学校ではハブられ、家では父親の愛人が我が物顔で居座り、もはや自分の居場所がなくなった中学1年の朋美。お先真っ暗な朋美は、2年前に家を出た母親に希望を託す。しかし、頼りにしていた母親からは、思いもよらない言葉が・・・

平成マシンガンズ

著者:三並 夏

平成マシンガンズ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008年5月17日 (土)

RAINBOW / 「I Surrender」

「I Surrender」

まるで歌謡曲のようなポップさと哀愁さを兼ね備えた曲です。

初めて耳にしたとき、一瞬でツボにはまり、思わず身震いしてしまったことを覚えています。

サビが頭の中からはなれな~~い(*≧m≦*)ププッ

*You Tubeの動画なので、突然リンク切れになってしまう場合もございます。

アイ・サレンダー Music アイ・サレンダー

アーティスト:レインボー
販売元:ユニバーサル インターナショナル
発売日:2006/08/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

人質カノン / 宮部みゆき

人質カノン

感想:
失恋、いじめ、理不尽な出来事・・・。
様々な原因で心に傷を負った、あるいは人生に行き詰まった主人公が、みずからの心を揺さぶる出来事をきっかけに、生きるエネルギーを少しずつ取り戻していく様を描いた短篇集です。

その中で、一番私の心に響いたのは「過去のない手帳」にでてくる言葉でした。

「たとえ失敗したとしても、何もしないよりはいい。それなら逆戻りしたとしても、試みる以前と全く同じにはならないんじゃないか」

普通の人からみればたいした言葉ではないかもしれませんが、チャレンジ精神に乏しい私にとっては、前向きに考えるうえで大変役に立ちそうな言葉でしたね。
(*∂▽∂)

おすすめポイント:
【人質カノン】
たとえ顔見知りになっても、それ以上は決して詮索してはならず、無関心を装うことが暗黙の了解となっているコンビニ。この物語は、そんな特殊な空間を巧みに利用した事件です。

【10年計画】
中年の女性タクシードライバーから聞かされた身の上話。それは、ある男性に復讐するための10年にも及ぶ遠大な殺人計画であった。

【過去のない手帳】
ダメだとわかっていても、新しい人間になるべくトライしてみた女性。そして日々悶々としながらも、現実から逃げて結論を先延ばししてきた主人公。
そんな現状に行き詰まる見ず知らずの2人が、1冊の手帳がきっかけとなって対面を果たす。

【八月の雪】
祖父の手紙をきっかけに、立ち直って生きていくことの意味を見出していこうと、前向きな気持ちになっていく少年の心の内を描いた作品。

【過ぎたこと】
電車内でみつけた見覚えのある青年。
青年の様子を目の前にして、私は確信する。問題がすでに解決済みだということを・・・。

【生者の特権】
正論な意見だとわかっていても、それが実行できない・・・。
そんな心に深い傷を負った主人公が、同じ境遇に陥っている少年との交流を通じて、生きるエネルギーを取り戻していくという物語。

【漏れる心】
溺愛する大学生の息子がいる、浅井夫婦の秘密とは

◆◆作家関連記事◆◆

人質カノン Book 人質カノン

著者:宮部 みゆき
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

OZZY OSBOURNE / 「SHOT IN THE DARK」

「SHOT IN THE DARK」

邦題「暗闇にドッキリ!」
(*≧m≦)ノ★バンバン

こういう邦題をつけるから、余計ヘビメタってバカにされちゃうんだよなぁ。

曲自体は、哀愁漂うポップなナンバーなのに・・・・。

覚えやすいメロディなので、ついサビを口ずさみたくなってしまいます♪

*You Tubeの動画なので、突然リンク切れになってしまう場合もございます。

罪と罰 Music 罪と罰

アーティスト:オジー・オズボーン
販売元:ソニーレコード
発売日:1997/09/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

葬られた遺書 / 井沢元彦

62deda705fd8262f 表題作他7篇を収録したミステリー傑作選です。

そのなかの1つ『闇夜のカラス』は、数年前に話題となった高校野球の特待生問題などに通ずるような作品で、大変興味深い内容でした。

ちなみにこの作品は、今から25年以上も前に書かれたものだそうです。つまり、高校野球をとりまく環境というのは、昔からずっと変わってないということなんでしょうね。

にもかかわらず、なぜ今になって高野連は特待生制度を問題視したのかがよくわかりません。もし、その制度が問題であったのならば、逆にそれをずっと放置してきた高野連のほうにも問題があるのではとふと考えてしまいました。

葬られた遺書 / 井沢元彦
広済堂文庫(2001年)

◆◆作家関連記事◆◆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

地震

今日の夜中に起きた地震は、船に乗っているような揺れで、ちょっと不気味な感じがしました。

我が宮城では、近いうちにかつての宮城県沖地震のような大地震が起きる確率が100%らしいです。

(||゚Д゚)ヒィィィ!(゚Д゚||)(||゚Д゚)ヒィィィ!(゚Д゚||)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

ぶらぶら

近所でフリマがあるということで、行ってみたら中止の看板が・・・。
(^▽^;)

すぐに帰るのもなんなんで、行きつけのブック○フへ。すると、本日限り250円のCDが105円セールが実施されていました!

しかし、お目当てのものや掘り出し物もなく、2枚だけ購入。

最近、掘り出し物を見つけたときの興奮から遠ざかっているなぁ。
(´д`)がーん

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

今度は・・・

まだまだ、山菜の日々が続く今日この頃。

昨日もさっそうと近所の山に出かけていった両親でしたが、今度は「ウド」を見つけてきました!

去年はたった1本だけだったけど、今年はかなりの量を採ってきた模様。

さっそく酢味噌あえにして食べたけれど、少し口の中に入れただけで野生の風味が口の中に広がること!!

ちなみに今日の夕食も、あまりに余った山菜をこんもりいれた山菜そばでした。

ヾ(;´▽`A``アセアセ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »