« 最近山に行ってばっか | トップページ | FAIR WARNING / 「GO」 »

2009年5月16日 (土)

私の骨 / 高橋克彦

心霊体験あるいは日常生活に潜む恐怖を通じて、人間の本質を描き出したホラー短編集です。

どの作品も最後にゾクッとさせられる結末が待ち構えており、大変読み応えがありました。その中でも特に、怖さと切なさがあいまった「ささやき」。そして、みんなを驚かせるための創作話が事実と化していく「おそれ」が気にいりましたね。

私の骨
ゆきどまり
醜骨宿
髪の森
ささやき
おそれ
奇縁

◆◆作家関連記事◆◆

偶人館の殺人(2010年8月18日付)

私の骨 (角川文庫) 私の骨 (角川文庫)

著者:高橋 克彦
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

|

« 最近山に行ってばっか | トップページ | FAIR WARNING / 「GO」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69699/29643555

この記事へのトラックバック一覧です: 私の骨 / 高橋克彦:

« 最近山に行ってばっか | トップページ | FAIR WARNING / 「GO」 »