« タダ食材のわりに・・・ | トップページ | 断念 »

2009年6月20日 (土)

ぎぶそん / 伊藤たかみ

【第21回 坪田譲治文学賞受賞作】

バンドを通じてくり広げられる、中学生の青春を描いた作品です。

青春モノなので内容的にシンプルなものでしたが、どこかノスタルジックな気分にさせられる内容でした。というのも、昭和から平成へと年号が移行しようとする頃、14歳という主人公たちの設定がまさに私自身とピッタリ重なっていたからです。

物語に登場するファミコンのディスクシステム、メロー・イエロー、そしてメガドライブといったアイテムひとつひとつも大変懐かしく、当時の甘酸っぱい思い出が次々と甦ってきました。

また主人公たちがバンドを組むきっかけとなった、ガンズ・アンド・ローゼスという洋楽ロックバンド。偶然にも、私の身近にもはまっていた人がいて、しつこく勧められた記憶が今でも鮮明に残っています。当時そんな音楽に全く興味がなかった私が、まさかその2年後以降HR/HMの世界にどっぷりつかってしまうなんて・・・。人生って不思議なもんです。

ぎぶそん (teens’best selections) Book ぎぶそん (teens’best selections)

著者:伊藤 たかみ
販売元:ポプラ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ドラマ Cd/ぎぶそん ドラマ Cd/ぎぶそん
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

アペタイト・フォー・ディストラクション アペタイト・フォー・ディストラクション

アーティスト:ガンズ・アンド・ローゼズ
販売元:USMジャパン
発売日:2008/11/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

|

« タダ食材のわりに・・・ | トップページ | 断念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69699/30197093

この記事へのトラックバック一覧です: ぎぶそん / 伊藤たかみ:

« タダ食材のわりに・・・ | トップページ | 断念 »