« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月31日 (金)

学力レベル

3年生になる甥っ子は、夏休みのあいだ学研に行かされています。本人は公文に行ってると未だに勘違いしているようですが。

(*≧m≦)ノ★バンバン

先日、宿題としてだされた国語のプリントを見せてもらったところ、問題文の端っこに小さく「小学2年下」と書いてあるではあーりませんか!

本人は全然気づいてないようですが、きっと一番初めにやらされたという実力テストの結果から、塾側がこの程度からの復習がよいと判断されたんでしょう。

甥っ子よ、残り5回分の学研頑張ってくれ!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月30日 (木)

宮城県代表は・・・・

本日、甲子園の切符をかけて決勝戦が行われました。

栄光を勝ち取ったのは、東北高校

宮城県民にとって、ぜひとも熱い夏にしてほしいな★

東北高校といえば、最近ビックリさせられたことがありました。先日、熱闘甲子園を観てたら、なにやらどこかで見覚えのあるような顔が。

なんと東北高校で指揮をとっていた若生監督が、九州国際大学付属高校の監督になってるではありませんか!

ネットで調べたところ、ダルビッシュを擁して出場した2004年以来の甲子園になるそうです。

てっきり監督業から足を洗ったと思っていたのに。いったい、東北高校で何があったんでしょう・・・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

横断歩道 / 黒井千次

帯に記された「あらすじ」に惹かれ手にとってみたのですが、期待に反して何の盛り上がりもなく、面白みに欠ける内容でした。

ただ単に、主人公の不安な心のうちを描きたかっただけなのか。それとも、もっと他に深い意味が隠されているのかどうかについては、私の頭では残念ながら解読することができませんでした。

そもそも、スポーツクラブ内だけの付き合いだった人達に、主人公はなぜそこまで固執して行方を捜そうとするのかが理解に苦しみます。

いったい、主人公は何を追い求めていたのでしょうか。・・・謎です。

【あらすじ】

東京・中央線沿線に住む30代後半の子供のいない主婦・小知子。スポーツクラブで知り合い親しくなった友人の薊子が、何も告げずに突然姿を消す。自分の中から持ち去られたものがあるような不安に駆られて、小知子は彼女の行方を追う。その先々で奇妙な人物達に出会い、探索は曲折する。何が隠されていて、何が見えないのか・・・・・。

横断歩道 Book 横断歩道

著者:黒井 千次
販売元:潮出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

ムシにお願い★

久しぶりに晴れたので、湿気っぽいタオルを乾かそうとベランダへ出たら、壁にけっこうな大きさのコガネムシがへばりついていました。

・・・・・金運に恵まれますように。

(゚c_,゚`。)プッ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

ブラウン管ガンバレ

我が家のテレビは未だにブラウン管テレビです。

しかし、数ヶ月前辺りから、早く買い換えろと言わんばかりに故障が頻発してきました。例えば、画面の大きさを調整すると急に電源が切れ、1時間以上テレビが観れなくなったりするのです。

今日ニュースを観ていたら、地デジ対応のテレビ普及率が60%近くにまでなってるとか。

買い替えの時期にきているのかも・・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

夏だからこそ要注意!

回覧板によれば、近所で空巣が頻繁に出没してるそうです。

それも白昼堂々と!

外出する時には、必ず戸締り確認しないと。

っていっても、我が家には盗まれるようなものなんてないんだよなぁ

( ゚∀゚)・∵. ガハッ!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

祭りだ、祭りだぁ!

塩釜市で行われた「みなと祭り」に行ってきました。

前夜祭の花火大会は観たことがありましたが、本祭りを観るのはこれが初めて。

神輿が乗る御座船の海上パレードを間近で観て、その勇壮な光景に思わず胸が熱くなってしまいました。

やっぱお祭りっていいねぇ♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

ゆとり教育の名残?!

昨日、3年生になる甥っ子が久しぶりに遊びにきました。

学校から配布された課題の冊子を持参してきたんですが、あまりにも薄くてビックリ!国語と算数がそれぞれ10ページぐらいしかなく、一週間もたたないうちに終わってしまいそうな量なのです。

私が小学校の頃は、もっと分厚くて難しい夏休み帳を渡された記憶があるんだけどなぁ。

ちなみに甥っ子はこんな間違いをおかしていました。

たいいくかん→体育間

こんど→今土

・・・・・先が思いやられます( ̄∇ ̄;)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年7月14日 (火)

甲子園で気づいたこと

今年もあと1ヶ月もすれば夏の甲子園が開幕します。

わが宮城県でも、先週末から県予選が始まりました。

ふと考えてみたら、自分の年齢って高校生の倍じゃん!

ガ━━━(;゜Д゜)━━━ン

なんかあの頃から全然成長していないような・・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

粘り勝ち?!

近場で行われたフリーマーケットに行ってきました。

珍しく洋楽(HR/HM)CDを売ってる所があったのですが、1枚300円。私にとっては少々お高い値段です。

しかし、なんとかかんとか言いくるめて、100円にまけてもらうことに成功!2枚200円で手に入れることができました♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

何かにかぶれたかのように真っ赤に腫れあがった父親の首。

あまりにも酷いので病院で診てもらったところ、なんと毛虫の影響だとか。

いったいどこで触れたんだ?!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

バスにて・・・

とあるお店の無料バスに乗っていたら、後ろの席から大きなお喋り声が聞こえてきました。

話の内容から、たまたま隣同士になった婆さん達(一番後ろの5人席)が、嫁の事で意気投合していたようです。

「うちの嫁は今流行の片付けられない症候群なのよ~」

「あらっ、うちなんて朝から晩までテレビの前を占領してるのよ」

「うちのは仕事にでてるんだけど、それを理由に夕ご飯は惣菜ばっか。息子が可哀想で」

「うちの嫁は、東京育ちでいいとこの娘なせいか、何をやらせてもダメなの」

私がバスを降りるまで、延々とダメ嫁自慢?話で大盛り上がり。

どんな人達が喋っていたのかと、過ぎ去るバスの中を眺めてみたところ、案の定思ったとおりの人相をした人たちでした(゚c_,゚`。)プッ

この人たちに比べれば、うちの母親と婆ちゃんの関係は上手くいってる方かもなぁ。まぁ同居じゃないっていうのもあると思うけど。

嫁姑の見てはいけない裏側を垣間見てしまったような出来事でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

JUDAS PRIEST / 「PAINKILLER」

「PAINKILLER」

*You Tubeの動画なので、突然リンク切れになってしまう場合もございます。

先日録画しておいた「黄金の洋楽ライブ」(NHKBS)を観ました。

まさかNHKでジューダス・プリーストのライブが観れるとは・・・。しかも、昔の映像かと思いきや、最近のライブ映像じゃないですか!

番組の案内役としてK1の武蔵が出演。なんでも高校時代、先輩からもらったカセットテープに収録されていた「PAINKILLER」を聴いてメタルに目覚めたとか。

実は、私も「PAINKILLER」がきっかけでした。この曲と出会ってなければ、おそらくヘヴィメタルとは無縁の生活をおくっていたでしょうね。それだけ、この「PAINKILLER」は私にとって衝撃的な曲でした。

ライヴ・アット・武道館 [DVD] DVD ライヴ・アット・武道館 [DVD]

販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2005/12/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Painkiller Music Painkiller

アーティスト:Judas Priest
販売元:Sony
発売日:2002/03/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »