« 期待以上の激安! | トップページ | 内腿に・・・。 »

2010年3月30日 (火)

遠野物語殺人紀行 / 中津文彦

読みどころは、やはり「遠野物語」(柳田国男 著)が事件とどう絡んでくるかという点ですね。

「遠野物語」の深層にせまった中津さんの仮説には、まるっきり絵空事とは思えないような説得力があり、興奮させられました!

【あらすじ】

千歳空港を飛び立った全日航ボーイング727型機が遠野山中で墜落、乗っていた115人全員が死亡した。

たまたま遠野に取材にきていた東朝新聞記者結城は、ニュースを知り、現場に一番乗りした。凄惨な墜落現場では、マスコミ各社が取材合戦を展開、遺体収容も順調に進む。

だが、異変が起こった。どう考えても二遺体多く収容されているのだ。この解明に結城は、ひとりの男を追いつめていった。遠野から光りきらめく沖縄へと・・・。

遠野物語に隠されている【秘密】がひき起こす連続殺人事件。著者会心の紀行ミステリー。

(表紙折り返しより抜粋)

遠野物語殺人紀行 / 中津文彦
角川文庫(1987年)

◆◆作家関連記事◆◆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

|

« 期待以上の激安! | トップページ | 内腿に・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69699/34006338

この記事へのトラックバック一覧です: 遠野物語殺人紀行 / 中津文彦:

« 期待以上の激安! | トップページ | 内腿に・・・。 »