« 便乗 | トップページ | 春はどこへ »

2010年4月13日 (火)

殺人よ、こんにちは / 赤川次郎

【赤川次郎ベストセレクション⑦】

『恨みをもった女性ほど恐ろしいものはない・・・』

これは、先日TVで放送された映画【パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド】において、ジャック・スパロウが発したセリフですが、本作はこの言葉にピッタリの内容でした。

女性の復讐は、ほんとこわい・・・ヾ(;´Д`A

【あらすじ】

今日、パパが死んだ。昨日かもしれないけど、私にはわからない。そんなこと、どっちでもいい。何しろ私のパパは、仕事、仕事で、1年のうち半分は外国を飛び回っている。そんなパパをいわば子供らしく愛せと言われたって無理な話だ。でも私は知っている。本当は、ママがパパを殺したんだっていうことを・・・。

父の死。莫大な遺産をめぐる争い。母の若き婚約者の出現。やがて、13歳の少女、有紀子に残酷な殺意の影が・・・。

(裏表紙より抜粋)

◆◆作家関連記事◆◆

殺人よ、こんにちは―赤川次郎ベストセレクション〈7〉 (角川文庫) Book 殺人よ、こんにちは―赤川次郎ベストセレクション〈7〉 (角川文庫)

著者:赤川 次郎
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

|

« 便乗 | トップページ | 春はどこへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69699/34215087

この記事へのトラックバック一覧です: 殺人よ、こんにちは / 赤川次郎:

« 便乗 | トップページ | 春はどこへ »