« タダ食材を求めて | トップページ | 蹴球 »

2010年5月 8日 (土)

ラッキーガール / 佐藤真海

「神様はその人に乗り越えられない試練は与えない」

理想の大学生活を満喫していた大学2年生の冬、突然【骨肉腫】を宣告され、右足切断を余儀なくされた佐藤真海さん。そんな彼女が大病を乗り越え、見事アテネパラリンピック女子走り幅跳びの日本代表を勝ちとった、みずからの体験を綴った一冊です。

本書によれば、【骨肉腫】とは「骨のがんであること。そして悪性の腫瘍の中でも最もたちの悪いもの」「小児がんの一種で、10代に多く発生する病気」(P56~57)だそう。

本のタイトルとしても使われてるように、病気で始まった第2の人生を振り返り、みずからを「ラッキーガール」と称する佐藤さん。しかし、その境地にたどりつくまでには、我々の想像をはるかに越えた苦しみや悲しみと向き合い、乗り越えてきたのでしょうね。

どんな困難に見舞われようとも決してあきらめず、一歩ずつでも全力で頑張っていけばおのずと道が開けてくる。そんな佐藤さんの熱いメッセージが私の心にビシビシ伝わり、勇気づけられました。

ちなみに、佐藤さんは私と同じ宮城県出身で、なんと県外でも有名な仙台育英学園高等学校に通っていたそうです。現役で早稲田に合格できたということは、おそらく特別進学コースに在籍していたのでしょうね。

ラッキーガール Book ラッキーガール

著者:佐藤 真海
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

|

« タダ食材を求めて | トップページ | 蹴球 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69699/34592910

この記事へのトラックバック一覧です: ラッキーガール / 佐藤真海:

« タダ食材を求めて | トップページ | 蹴球 »