« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月25日 (金)

甥っ子からの話によると・・

なんでも妹家族は、1泊2日でディズニーランドに行ってくるそうな。

出発は、今からだいたい2時間後の午前2時。旅費を浮かすべく高速を使うそうです。

てか、春休みまであと少しだというのに、なぜ今??

妹とは冷戦(会話ナシ)状態が続いてるので、その理由はわかりません。

`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

押し出せ青春 / 須藤靖貴

八百長問題で窮地に立たされている大相撲ですが、奇遇にもこの問題が世に公表される直前まで手にしていたのがこの作品でした。

若き幕下力士が主人公で、様々な困難に見舞われながらも、周りの人達に支えられ、少しずつ成長していく姿が描かれています。

物語の重要な要素として八百長(注射相撲)が取り上げられていたのですが、まさか読後直後に現実問題として明るみに出るとは・・・。

まさにタイムリーな一冊でした。

あらすじ

名古屋場所6日目。入門2年目、3段目東30枚目の桐疾風は、新幹線に乗るために急いでいた。部屋唯一の関取・激波関の付き人を振り切ってきたのだから、帰ったら半殺しの目にあうかもしれない。でも、もうすぐ会える恭子姉さんと純ちゃんの笑顔を思い浮かべていた――。

柔道に別れを告げ高校を中退し、大志を抱いて入門した訳でもなかった桐疾風が格闘技としての相撲に魅せられ、次第に情熱を漲らせていく。激しい稽古に加え、恋あり、誘惑あり、病気あり!?の波乱万丈の痛快物語が、文庫オリジナルで登場。

(裏表紙より抜粋)

押し出せ青春 (小学館文庫) Book 押し出せ青春 (小学館文庫)

著者:須藤 靖貴
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

子供会

甥っ子は明日、子供会でホテルの食べ放題に行くそうな。

「どれぐらいのお肉食べられっかなぁ」と今から張り切っています(^-^;

時代は変わったな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

哀愁をかんじさせる光景

橋の上でボーっと川を眺めている男子高校生をみかけました。

何か悩み事でもあったのかな・・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

楽しみが増えた

最近、よく通うコンビニで見切り品が売られるようになりました。

種類も豊富なうえ、値段も結構安くなってるんです。

掘り出し物ゲットが大好きな私にとっては、毎回行くのがちょっと楽しみになりました♪

今日は、今後山菜の天ぷらなどで使う機会が多くなることを見越して、日清オイリオを1本購入。

日清オイリオ ヘルシーリセッタ 600g 日清オイリオ ヘルシーリセッタ 600g

Amazon.co.jpで詳細を確認する

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

旬を先取り

両親がとってきた「ふきのとう」を、天ぷらにして食べました。

独特の苦味がなんともたまりません!

春が刻々と近づいているようですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

GARY MOORE / 「THE LONER」

「THE LONER」

さっきPCを開いたら、いきなりゲイリー・ムーア死去という記事が目に飛び込んできました。

死因はまだわかってないようですね。

去年亡くなったロニー・ディオといい、大物ミュージシャンが次々とこの世を去っていき、悲しい限りです。

享年58歳なんて、若すぎる・・・

*You Tubeの動画なので、突然リンク切れになってしまう場合もございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

方向音痴

久しぶりに姪と甥がそろって遊びに来ました。

もうすぐ一年生になるというのに、学校までの道のりが未だにわからないという姪。

自宅から5分もかからないのに・・・・_| ̄|○

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »